台湾のパイナップルケーキが日本で人気に!?話題のお店へ急げ!!

台湾の銘菓、パイナップルケーキがじわじわと日本で人気になりつつあるのをご存知ですか?

最近ではメディアなどに取り上げられ、SNSでも話題沸騰中のパイナップルケーキ、甘党ならぜひ試してみたいですよね。

 

今回はそんなパイナップルケーキが日本でいただけるお店をご紹介します!

 

 

スポンサーリンク

台湾とパイナップルの関係とは?

 

ご友人や会社の同僚の方などが台湾にご旅行に行かれた際に、お土産として「パイナップルケーキ」をいただいたことのある方は多いと思います。

 

パイナップルケーキは台湾でとても有名なお菓子のひとつ。空港や各種お土産店などでも気軽に手に入ります。

 

台湾においてパイナップルケーキは鳳梨酥(フォンリースー)と呼ばれ、中にパイナップルジャムとバターでできた餡をクッキーのような生地で包んで焼いたものを指します。

 

パサパサした感じの生地の中からしっとりとしてちょっと歯ごたえのある餡が現れ、口の中にパイナップルの甘みと酸味がふわっと広がる、とても美味しいお菓子です。

 

台湾の地元の方はお茶請けなどに使用しており、飛行機の中華航空では機内食のデザートとしてこの「鳳梨酥」が出されます。

 

台湾は日本に比べて暑い国、ですからパイナップルなど南国風なお菓子が人気なのですね。

お土産用は日持ちがする上に個包装されており、旅行に行った際にお土産を買うという日本人の気質にピッタリな一品。

ですから、台湾のパイナップルケーキが日本で人気になったというわけです。

 

 

本場のパイナップルケーキが日本で食べられる!?

  

台湾で最も有名かつ人気なお店が、台北市に2010年にオープンした微熱山丘(Sunny Hills)。

日本語に訳すと「陽だまりの丘」とでもいいましょうか。

 

メニューはパイナップルケーキのみで、毎日客足が絶えないほど人気のお店です。

台湾産パイナップルを100%使用しているのはこちらのお店だけともいわれており、パイナップル本来のジューシーさや酸っぱさが際立つパイナップルケーキが味わえます。

 

包装も可愛らしく、台湾土産に迷ったら絶対「コレ!」なおすすめの一品。

それが日本でもいただけるというのです。

 

南青山にある、奇抜な外観のお店の名前はSunny Hills 微熱山丘。日本人にもわかりやすいように英語表記と台湾語表記が逆になっています。

木材を×に重ね合わせた外観はおしゃれなお店の多い南青山の中でも目を引くデザイン。

 

こちらのお店でいただけるパイナップルケーキは台湾産のパイナップルにとらわれず、夏季の甘いパイナップルを選りすぐって使用しています。

また、バターもこだわりの厳選されたものを使用しており、お値段は台湾のものより若干お高めですがお味は更に上質なものになっています。

 

元々、台湾のパイナップルケーキでお土産用として生産されたものは日持ちがするよう作られているのですが、こちらのお店では賞味期限が短めで、その分焼き立てのしっとりした食感が楽しめるようになっています。

 

[住所]   東京都港区南青山3-10-20
[TEL]
    03-3408-7778
[
営業時間] 11:0019:00
[
アクセス] 東京メトロ表参道駅下車(A4出口より徒歩約6分)

 

 

夏には夏のスイーツを・・・

 

いかがでしたか?台湾銘菓のパイナップルケーキ、「食べてみた~い!」と思っていただけたでしょうか。

既にパイナップルケーキをお召し上がりになったことのある方も、一度も食べたことがない方もぜひ南青山の「Sunny Hills」へ足をお運びください。

 

四季折々のスイーツを召し上がることは美容にも健康にも非常に役立ちます。

ですが、それ以上に季節を感じることで生活にメリハリができ、自律神経の働きを整えたり心を豊かにしてくれる作用もあるのです。

 

夏の縁側で冷たい炭酸水などを飲みながらパイナップルケーキをいただく・・・そんな夏の過ごし方も素敵ですよね。

私も今年はパイナップルケーキとサイダーで爽やかなティータイムを過ごしてみようと思います。

皆様も童心に帰っておひとつ、いかがですか?

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする