チョコレート嚢胞ってなに?意外と恐ろしい症状と独特の痛みが来る時期とは?

チョコレート嚢胞という病気は、珍しくてなかなか認知度は低いですよね。
チョコレートという名前が付いているので、ついついそこまで重い病気じゃないのかな?と思ってしまいますが、実際にはそんなことないのです。ほんとは恐ろしいチョコレート嚢胞についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

どんな病気なの?

チョコレート嚢胞は、その可愛らしい名前とは裏腹に、不妊の原因になったり、卵巣癌の引き金になる可能性があるような怖い病気なのです。チョコレート嚢胞の別名は子宮内膜症性卵巣嚢胞という長い名前なのです。卵巣にある子宮内膜症という病気が進行すると、卵巣内に嚢胞を形成します。嚢胞内に生理の出血を繰り返すことにより、古い血液がたまったものがチョコレート嚢胞です。初経を終えてから閉経するまでの女性に発症します。

チョコレート嚢胞になる原因って?

チョコレート嚢胞を引き起こす子宮内膜症がどのように発症するかについてはまだはっきりしたことがわかっていないそうです。今考えられていることは、生理の血液が逆流するということや、アレルギーの関与が考えられるということやら先天的なものなど様々な理由が考えられています。
一つ確かなことは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの影響で子宮内膜が増殖することがわかっています。子宮内膜が増殖するとチョコレート嚢胞になる可能性が高くなるのです。
また最近は、働く女性が増えて妊娠や出産の回数が少なくなっていることや、時期が遅くなって来ているといったことで、若いうちに生理がくる回数が増えてきています。そのため、チョコレート嚢胞になってしまう確率が高くなってるといわれています。

不妊の原因にもなるってほんと?

チョコレート嚢胞の前段階である子宮内膜症は不妊症の原因になるといわれ、チョコレート嚢胞は特に不妊を引き起こしやすいといわれます。卵巣が腫れ上がって排卵が起こりづらくなります。また、子宮内膜症の炎症が卵管にまで及ぶと、卵管がくっついてしまい閉塞するので、せっかく排卵が起こっても受精ができなくなるのです。チョコレート嚢胞が起きてすぐに不妊症を起こしてしまうわけではありませんが、放置しておくと不妊のリスクが高くなってしまいます。

チョコレート嚢胞の症状はどんなもの?

症状としては起こる痛みはそのタイミングがポイントです。生理の時の痛みが強い時やいつも骨盤のあたりが痛むことだったりなどが挙げられます。また、まれに破裂してしまうこともありその時は激しい痛みを伴います。
生理が起こるたびに血がたまっていくので、生理痛がどんどん悪化していくということも特徴的です。また、生理のとき以外でも下腹部痛や腰痛、骨盤痛などが慢性的に現れたり、性交時や排便時に痛みを感じたりすることもあります。普段なかなか痛くならない場所や時に痛くなったら注意が必要かもしれません。

チョコレート嚢胞の検査と診断と治療方法は?

診断のために直腸診、婦人科的内診を行います。経膣での診断や画像診断などがあります。
手術療法や薬物療法を行うことが主流です。まだ、小さなものに対しては低用量ピルなどのホルモン療法だけで有効なこともありますが、一定以上に大きくなってしまったものでは、手術療法が必要かようです。手術療法には、開腹手術とお腹に小さな穴を開けて行う手術があります。

チョコレート嚢胞に気づいたらどうすればよいの?

もし、チョコレート嚢胞かな?と思ったらいち早く産婦人科を受診することをお勧めします。この病気を発症する方は年々増えているので、チョコレート嚢胞になる可能性は誰にでもあるのです。そう考えると、割と身近な病気ですよね。もし、毎月の生理痛で今までにない以上の痛みが起きたり、症状がどんどん重くなっていったりしたらチョコレート嚢胞の可能性は高いのでぜひ病院に行ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする